Elgin Iron-1993

この作品は大英博物館所蔵のエルギンマーブルの中のディオニソス像(フィディアス作)からインスピレーションを得て制作した作品です。
コルテン鋼の帯板を捻り、曲げ、絡ませて人体の筋肉を表現してみました。
そして作品名をエルギンアイアンと名付けました。
芸大で生物の授業を受けた三木成夫先生が「筋肉はねじれて付いている」と言っておられたと友人が教えてくれました。
奥様の三木桃子さんにも個展をご覧頂きました。
後日、先生の文章や人となりを掲載されたご本を頂きました。早速先生のご著書を取り寄せ、制作の参考にさせて頂きたいと思っております。

w.1000×d.350×h.500 コルテン鋼