Image_1.jpg
さいたま新都心に2000年にオープンした「ラフレさいたま」は都市型簡保の宿です。

16階建ての各階は各々の作家がアートワークを担当しており、フロアーごとの雰囲気の

変化を楽しむ事が出来ます。

私の担当した15階は16階吹き抜けの展望レストランになっています。

食事の場ということで控え目に装飾性を重視し、「食の文化」と「文明としての建築」

との接点をテーマに彫刻で表現してみました。